【工場見学】キューピー 五霞工場に行って来た!

工場見学、2回目です!

場所 五霞工場
住所 茨城県猿島郡五霞町小手指1800
【電車】
JR線「栗橋駅」東口から車で15分
東武日光線「南栗橋駅」東口から徒歩20分【車】
東北自動車道「加須IC」から20分
「久喜IC」から20分
圏央道「五霞IC」から10分
営業時間 平日のみ(時間決まってます)
見学時間は90分
予約 要予約 インターネットで予約
料金 無料
持ち物 特になし
特典 キューピーのドレッシングを試せるサラダバー
おみやげ
公式サイト キューピー五霞工場

行き方

新宿から1時間30分ほどで南栗橋駅に到着します。
大宮からだと宇都宮線で、大宮駅→栗橋駅→南栗橋駅で1時間かからないぐらいでしょうか。
そこから徒歩20分なので遠くはないですかね。

コンビニは徒歩20分で1件見つけました。セブンイレブンでした。

見学内容

工場の敷地内に警備員さんがいるので、案内してもらえます。

殺菌する機械に入る体験ができます。

ロビーでは、キューピーちゃんがお出迎え^^

見学時間までキューピーの歴代CMをみれます。
可愛いし、クオリティ高いですよね。

 

見学は本日のスケジュールと、スライドショーを使ってキューピーの歴史や、キューピー人形をトレードマークにした訳、原材料のこだわりや工場でどういう作業をするか映像で分かりやすく伝えてくれます。
「マヨネーズ」の名前の由来なんて知らなかったので、商品の理解が深まります。

工場見学に来ていたのは一般客(最大30名まで入れるそうですが、今日は9月の平日ってことで20人もいなかったかな)だけではなく、取材の方や大学生の栄養科の生徒さんも見学していました。
大学生はさすがというか。ちゃんとメモしてましたね。

このあと、いよいよ工場の中を見学します。
子供にも優しい作りになっていて、ガラスの窓の高さ以下の身長のお子さんも楽しめるようになっていました。
商品の中身の説明や、卵のわりかたの機械、パッケージの秘密、ドレッシングを使った料理の紹介など、主婦は嬉しい豆知識も楽しく学べる仕組みでした。

 

最後に紹介されたドレッシングをサラダバーで食べ比べ。
ドレッシングやキューピーグッズの販売などを行い、終了です。

感想

ガリガリ君の工場のあとなので、比較になりますが、どちらも
スライドショー→工場見学→商品を食べ比べ→商品の販売コーナー→解散
という流れで90分ですし、全く飽きません。

サラダバーももちろん楽しめましたが、キューピーのバジルソースをお肉に混ぜて焼く料理が簡単で試したくなる料理でした。

普段口にする食べ物をどう作っているか知れるのっていいですね。

卵の黄身だけでなく、白身やからのリサイクル先も知れましたし、おすすめできる工場見学となりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です